2006年6月2日に消防法の一部改正   

    消防法の一部改正より、平成18年6月2日以降に新築する戸建住宅や共同住宅に
    住宅用火災警報器の設置が義務化されました。

    既存住宅についても平成23年5月31日を期限として、設置しなくてはなりません。
    (市町村により適用期限が違います。)
    ちなみに 山陽小野田市・宇部市は平成23年5月31日まで設置しなくてはいけません。



        

    火災警報器には・・・
    『電池式』と『家庭用電源』タイプの2種類があります。

    ☆電池式タイプ☆
     ・取付簡単(天井、壁へビス止め)
     ・電池切れ警報(音またはランプ)が出たら電池交換
     ・機器の交換時期 10年が目安です。


    ☆家庭用電源タイプ(100V)☆
     ・コンセントがあれば比較的簡単に設置可能
     ・コンセントがない場合は電気配線工事が必要
     ・配線が見える
     ・機器の交換時期 10年が目安です。


      

    ・就寝する場所に設置します。
  (普段就寝している部屋のことで、来客が就寝する部屋は設置しなくてよい)

    ☆2階建てで就寝部屋が1階の場合
     ・原則として1階の就寝する部屋に設置
    ☆2階建てで就寝部屋が2階の場合
     ・原則として2階の就寝する部屋に設置
     ・2階、階段室のホールに設置
    ☆2階建てで就寝部屋が1階と2階にある場合
     ・原則として1階 と 2階の就寝する部屋に設置
     ・2階、階段室のホールに設置
    ※上記以外で、7u以上の居室が5以上ある階の廊下または階段に設置しなくてはいけません。



    

    ☆天井取付の場合☆
     ・火災警報器の中心を壁から60cm以上離します。
   


     ・はりやタレ壁がある場合ははりやタレ壁から60cm以上離します。
     ・エアコンや換気扇がある場合は吹き出し口から1.5m以上離します。
   


    ☆壁の場合☆
     ・天井から15〜50cm以内に火災警報器の中心がくるようにします。
   

  
  ダイックスでも取付作業しております。
  お気軽にご相談下さい(*^▽^)ノ彡☆